笑い講

Waraiko

山口2019.12.01

yamaguchi01 Dec. 2019

大道小俣地区に800年以上もの間受け継がれている全国的にも珍しい笑いの神事です。
21戸の講員が当屋に集まり、神前に供えてある大榊2本を上座と下座に対座する講員に渡し、2人は大声で3度笑いあいます。
笑い声の第1声は今年の豊作を喜んで、第2声は来年の豊作を祈って、第3声は今年苦しかったことや悲しかったことを忘れるために笑います。
このとき、笑い声が小さかったり、不真面目なときは、講の長老は何度でもやり直しをさせます。

The very rare laughing ritual in Japan is inherited in Daido Omata District over 800 years.
Ko members from 21 houses gather at the house on duty, 2 Osakaki (Japanese cleyera) before the altar are passed to the members sitting on the upper and lower seats facing each other, and 2 of them laugh out loud three times.
The first laugh is to rejoice for a good harvest for this year, the second laugh is to pray for a good harvest for next year, and the third laugh is to forget the tough and sad moments for this year.
Elders of the Ko make members do again and again when the laughter was small or lack of seriousness then.

  • お祭り
    笑い講 | Waraiko
  • 日付
    2019.12.01
  • 開催場所

    大道小俣地区その年の当屋

    山口県防府市大字台道

    Google Map  

  • アクセス
    JR山陽本線「大道駅」から徒歩10分
  • 電話番号
    0835ー25-2148
  • カテゴリ
    伝統芸能奇祭
  • Festival
    笑い講 | Waraiko
  • Date
    01 Dec. 2019
  • Venue

    At the house on duty on the year in Daido Omata District

    [map]

  • Access
    10-minute walk from the JR Sanyo Main Line "Daido Station"
  • Tel
    +81 835ー25-2148
  • Category
    Traditional CultureBizarre festival
関連サイトを見る   View related Web site  

※本サイトは最新情報をご提供するよう心がけておりますが、独自で集積したものでイベント内容、情報などが変更されている可能性があります。 必ず事前に公式な情報をご確認の上、ご参加ください。
※イベント内容でのご不明点は直接イベント主催様にお問い合わせください。なお、情報の誤り等を発見した場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

* Although we try to provide the latest information on this website, we do not guarantee the event content and information depending on the situation. Please always check the official information in advance to participate in the events.
* If there are any uncertain points about the event content, please directly contact the event host. Should you find any incorrect information, please contact us from Contact Us form.

近くで開催のお祭り

Festival to be held soon